リパーゼ阻害薬.com

日本で承認・発売されているリパーゼ阻害薬についてご説明いたします

痩せ薬、リパーゼ阻害薬とは

最近ダイエットを行っている人がたくさんいますが、見た目を美しくしたいという人の他に、病気を改善するためにダイエットを行っているという人がいます。
しかし痩せると言うことはそう簡単にできるものではありません。
痩せるためにはたくさんの努力をしなければいけません。
そこでそのための補助薬として痩せ薬などがあります。
錠剤とペン痩せ薬、リパーゼ阻害薬とは、食事によって摂取した脂肪分を腸で吸収されるように、脂肪を分解する消化酵素であるリパーゼの働きを阻害する薬のことです。
このリパーゼの働きが弱くなると、食事に含まれている脂肪分は腸に吸収できる脂肪酸やモノグリセリドに分解されることができません。
その結果余分な脂肪分を30パーセント吸収することなく体の外へ出すことができるのです。
この摂取した脂肪分をカットすることができるので、糖尿病や高血圧などのの病気の予防をすることができます。
このような効果を持っている薬がオベリットなのです。
この薬の飲み方が、毎日3回の食事の際に1錠を水と一緒に飲むようにしまう。
この薬の副作用としては、排便の回数の増加や急な便意をもよおすなどがあります。
同じく糖尿病を予防することができる薬としてグルコバイがあります。
この薬を服用することによって、食後の急激な血糖値の上昇を防ぐことができます。
無駄なインスリン分泌をすることがないので、膵臓への負担が少なくなります。
この薬は今までの血糖値降下薬と比べると新しいタイプの物で、インスリンを介する直接的な血糖低下作用はありません。
単独での作用が弱くなっているので、SU薬などの他の血糖降下薬との併用をすることが多くなっています。
この薬は胃腸の手術後など安静にしなければいけない人は慎重に使います。